足が臭いのにはストレスも関係しているっていいますが本当?

足が臭くなる原因に、かいてしまった汗がバクテリアの餌になって増えることがあげられます。

汗と混ざり合って異臭を放ったり、排泄物が異臭を放ったりすると言われています。

そしてその汗はエクリン腺から出るのですが、ストレスを感じても出てしまうんです。

手汗、脇汗って極度の緊張を感じていなくても、軽度のストレスでも出てしまった経験ってありませんか?

その時、実は足汗もかいているんです。

脇や手と違って、出ているって感じにくいだけなんですよ。



そして更に、その汗が出ることにストレスを感じてしまい、あちこちから汗が出てしまう。

悪循環以外の何物でもありません(汗)

バクテリアが増える

緊張したり、疲れたり、ストレスを受ける度に、足は汗をかいて、臭いの原因になるバクテリアを増やしてしまうんですよね。

そして足を臭くしてしまう。

緊張しない方法

「じゃあ緊張しなければ良いの?」って話なんですが、その通りともいえなくはないのですが、それって皆無に等しいですよね。

それが出来れば苦労しないんだけどって、話なんです。

ですから、汗をかきにくくしてあげるしか方法が有効。

もちろんストレス発散したりする方法も有意義なのかもしれませんが、それほどの効果はできないと考えられています。

今の社会はストレスをあちこちで感じてしまうし、環境が悪いんですよね。

足のにおいが気になるあまりノイローゼになる人もいるし、人前では絶対に足を靴から出すことが出来ない人もいるし、毎日お風呂の時に10分以上洗ってる人もいます。

そこまで思い悩むほど、足の臭さは憂鬱にさせます。

私はノイローゼまでは行きませんでしたが、靴を脱ぐことだけはほとんどしませんでした。

仕事が終わって急な飲み会などに誘われた場合は、断わってましたね。

飲むのは好きって周囲は知っていたので、何で断るんだろうと不思議に思っていたと思います。

どうにかしたいと思いました

足が臭いことをどうにかしたいと思って、シューズショップに売ってある中敷きやスプレーを試してみたのですが、それほどの効果もなく。

その時点で、やっぱり自分の足は強烈すぎてダメなんだと諦めたんです。

ところがさらに調べていると、足汗を止めれば足は臭わなくなるということを知ったんです。

⇒足が臭い原因ってなんでしょう?
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。