足が臭い原因って何でしょう?理由はたったの1つだった

足が臭い原因は、足に住んでいるバクテリアです。

足は、バクテリアが繁殖しやすい最適な環境になっているんですよね。


バクテリアが足から出る汗や皮脂を食べて増殖した結果、必要以上に分解されてしまい、分解されるときに出るイソ吉草酸がでます。

これが、ニオイの原因であり、足が臭くなる理由になります。

イソ吉草酸は、典型七公害の悪臭に認定されている成分です。

そりゃ臭いはずだわ(笑)




足は細菌にとって最適




汗をかいてしまう
足の裏にはエクリン腺が多数あります。エクリン腺は、汗を出す腺なのですがそこから1日に150ml~200mlの汗をかくといわれているんです。高温多湿が、バクテリアが増える原因になります。

菌の繁殖
表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウムなどが足の裏には存在するのですが、汗や皮脂や角質などを餌に繁殖しやすい環境下にあります。

角質
上記でも書きましたが、角質はバクテリアの餌になってしまいます。汗でふやけてしまったり(目で見えなくても)すると、特に食べられやすい状況になってしまうんです。

清潔が保ちにくい
足の裏は手や額や首筋などのように、汗を書いたらすぐに拭き取ることができませんよね。当然、パパパッと洗うこともできません。靴下をこまめに履き替えたり、指と指の間を拭いたりはなかなか出来ません。するにしても人前で恥ずかしくて出来ないので、トイレなどの場所も必要になってしまいます。

通気性が悪い
汗は通気性が良ければ蒸発してしまうのですが、靴やブーツやストッキングなどにより通気性が著しく低下します。通気性のある靴を履いていたとしても、完全に空気にさらされているわけではありませんよね。

食生活
臭いは食生活によっても大きく左右されます。脂の多い肉や刺激物を食べ過ぎていると、肌質が脂っぽくなり体から出るにおいを不快なものにしがちになります。

原因や理由が分かったら次は対処しなければいけませんが、どのような対処法があるのでしょう。

一番簡単で確実な方法は、汗をかかないことです。

足汗がでるから高温多湿になり、バクテリアが増えるわけです。

足汗が出なければ、高温多湿にもなりませんし、バクテリアが増えやすい環境にもなりません。


「でも足汗って止めることができるの?」って思われたかもしれません。

驚くほど簡単に、止めることができるんですよ。


そのあたりの詳細については、こちらのページで書いていますので、ぜひ、読んでいただきたいと思います。

⇒足汗を止める方法!最先端のデオドラントなら余裕で可能ですよ
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。