汗をかくと足が臭くなる?確かにそうなんですが少しだけ間違っています

汗をかくと足が臭くなると思ってらっしゃる人も多いのですが、足汗は本来、臭いません。

足や靴が臭いのは、足から出る汗や皮脂を餌にして増えてしまう菌の排泄物が原因なんですよ。

なぜ菌が繁殖しやすいのでしょう

靴やブーツなどによって密封されているからです。

その結果、靴やブーツの中は蒸れてしまい、細菌が育つ良い環境になります。

さらに角質や皮脂が餌になるので、細菌が増殖する、最強の環境になってしまうんですね。


常に足が解放されて乾燥していれば、足が臭いという現象は起こりません。

では、どうすればいいのでしょうか?

足を定期的に開放してあげるのが、一番簡単ですぐに出来る方法といえます。

靴やサンダルなどを脱ぐことが出来る状況にあるのでしたら、こまめに脱いだり履いたりするのがベストです。

がそんなことは出来ないかもしれませんし、その程度のことをしたとしても、何の解決にもつながらないことも珍しくありません。

しかも、そういった行動を起こす時に、すでに足が臭くなっているかもしれませんよね。

そこで注目されるのが、汗を抑える方法なんです。

汗が出にくくなれば当然ですが、足のにおいは格段に減少します。

汗を出にくくする方法はこちらを参考にして下さいね。

⇒ミョウバン水で足が臭いのをシャットアウト
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。