足が臭いのは加齢臭? 30代前半ならその可能性もあるようです

30歳を越えたあたりから急に足が臭くなってきた、仕事終わりで帰宅した時などは子どもから足が臭いと言われるようになった。

これまでは足の臭いなんて気にした事もなかったの、に突然なんでこんな事になってしまったんだろうと落ち込んでいませんか?

仕事上で座敷でのお酒の席に出席する事もあると思いますし、家族のためにもできるだけ早く対策を取りたいものですよね。

突然足が臭くなる原因としては、加齢臭や疲労臭という事も考えられます。

20代ならあまり考えられませんが、30代前半となるとやはりこうした原因も捨て切れないと考えられますね。

加齢臭で足も臭くなる?

30代前半で加齢臭?と思うかもしれませんね。

加齢臭というと中高年のおじさんの体臭というイメージが強いかもしれませんが、30代でも身体が疲れてくると疲労臭という名称で呼ばれる加齢臭の一種が発生する事があります。

疲労臭の場合は特に頭や脇、首筋、足など皮脂腺が活発に活動する部位からの臭いがきつくなる傾向がありますよ。

足と加齢臭は一見関係ないように思えますが、加齢臭は汗と深い関係があるため足とも無関係ではありません。

足は靴下や靴で覆われている事が多いので湿度も高く汗をかきやすい条件が揃っています。

この汗に足の汚れなどが混ざる事で雑菌などが繁殖して足が臭くなる事もありますが、加齢臭の場合は毛穴から分泌される成分が臭いの原因となる事が多くあります。
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。