洗っても足が臭い!どうすればこのにおいを解消できるのでしょう

洗っても足が臭い。

自分ではかなり石鹸をつけてゴシゴシ洗っているのに、どうしてもにおいが残ってしまうし、実際にお風呂上りに足をにおうと臭い…。

洗う前よりは確かににおわなくはなっているけど、全くにおわないわけじゃない。

申し訳ありませんが、多分、洗い方が足りていませんし、靴が臭いのでそれが足に染み付いているのかもしれません。

洗うときには、爪の中や指の間もしっかりと洗って下さいね。

足のにおいを取るのに効果的な石鹸もありますよ。

靴が臭い

足のにおいばかり気になって、靴が臭いのを放置したりされていないでしょうか?

靴が臭いと、靴を履いた瞬間にそのにおいが足に染み付く可能性が非常に高いですし、菌が足に付着する可能性もすごく高くなります。

靴に菌がくっついているので、それが、靴を履くことにより足にくっついてしまう。

いくら足を綺麗にしても、これでは、足の臭さを解消することはできませんよね。

靴も綺麗にしましょう

ですから、足もですが靴も綺麗にしなくてはいけません。

靴を除菌しなくちゃいけないわけです。

が、抗菌・除菌とうたっている消臭スプレーなのに、全く効果を示さないものもあるんですよね。

そんな中、圧倒的なパフォーマンスを示してくれるのが、デトランスα。

汗をシャットアウトしてくれるので足のサラサラ感が持続します。

このサラサラってとても大事!!

サラサラ感があるということは汗で蒸れていないことにつながります。

一番ベトベトしたりねちょっとしたりするのは、土踏まずより上で指よりも下の内側足根小球。

その状態を回避しないと足が蒸れている状態ということになり、当然ですが足が臭くなってしまうんです。

足と靴。

その両方に着目しないとダメです。

片方だけの対処法だと、不完全な対処法ということになりますよね。

⇒足汗がでなければ足は臭くなりません
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。