足が臭い時には石鹸の種類にも注意する必要がありますよ

足が臭いときの対策方法として、見落としがちなのが石鹸なんですよね。

あなたが今どのような石鹸を使用されているのかは分かりませんが、QB薬用デオドラントソープや柿渋石鹸を一度お試しいただければと思います。

石鹸百科のサイト様によると、普通の石鹸でも95%の除菌、薬用石鹸だと98%の除菌効果があると書いてあるので「それでいいのでは?」と思われるかもしれません。

確かにQB薬用デオドラントソープや柿渋石鹸は少し高いので、躊躇されるかもしれませんが、洗い終わった後の菌の繁殖を抑えるためには、QB薬用デオドラントソープに含まれているイソプロピルメチルフェノールや、柿渋石鹸に含まれているタンニンが良いようなんです。

柿渋石鹸のランキングサイトでは2,000円や3,000円するのを上位に書いているサイトがありますが、そんな高いのを使う必要は個人的にないと思います。

500円程度もので十分ですよ。

私が使っているのはこれです。

柿渋石鹸 100g


しっかりと指の間や爪の中や足の裏を洗ってあげて下さいね。

そうすることにより、お風呂に入ってしっかりと洗ったのに、お風呂上りで足が臭いという状況は改善されると思いますよ。

洗い終わった後の足なのに、菌はまだまだ住み着いているので、においの原因になる排泄物を出してしまい臭いのが持続してしまいます。

ですから寝ている間にも菌が増える。

その結果、朝になったらすでに少し臭う状況に。

足のにおいと石鹸

でもそれって解決になってるの?

がしかし、それはあくまで家に帰ってから出来ることですよね。

仕事や飲み会などで、靴を脱がなくてはいけない状況になった時には、石鹸でしっかりと足を洗っていたとしても、正直なところ何の役にも立たないですよね。

だって、朝はにおわなかったその足も、靴を履き続けることにより夕方には臭くなっている可能性が高いですから。

その場合は違う対策を練る必要がありますよね。

もちろんしっかりと石鹸で洗えていれば、今までよりも足のにおいは改善されます。

中には「石鹸を変えたら足がにおわなくなった」という人もいます。

私はダメでしたから、石鹸一つでにおわなくなった人が羨ましいです(笑)

石鹸以外の足のニオイ対策も数多くありますので、時間があればこちらのページを参考までに読んでいただければと思います。

⇒足が臭いときの対処法
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。