ミョウバン水で足が臭いのをシャットアウト!これほどの効果とは!



ミョウバン水で、足が臭いのをシャットアウトできます。

その理由は、ミョウバン水に殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあるからです。

足が臭くなる大きな要因は、足汗をかくことです。

靴の中は湿気を帯び、皮膚などがふやけてしまいます。

皮膚などがふやけて剥がれてしまうと、細菌の餌になってしまうんですよね。

「湿気が多い+餌がある=細菌にとって最高の環境なので増殖する」

その増えた細菌が、汗や皮脂(垢)を分解するときに、臭いが倍増してしまうんです。


しかしミョウバン水を使えば、冒頭でも書いたように殺菌作用と制汗作用がありますので、細菌が増えにくい環境になるので、臭くなるのを防ぐことが出来るわけですね。


ミョウバン水の作りかた



【必要なもの】
①焼きミョウバン50g(薬局・ドラッグストア・スーパーで購入可)
②1.5リットルの水道水とペットボトル


【作りかた】
①まず、計量カップに50gの焼きミョウバンを入れて、500mlの水道水を入れて溶かします。



②それをペットボトルの中に、入れます。

③さらに計量カップに500mlの水道水を入れて、それを2回、ペットボトルの中に入れます。

④合計で1.5リットルの水道水に焼きミョウバンを50g入れたことになります。



⑤ミョウバンが溶けるまで風通しが良い所や暗冷所で2~3日、振り混ぜながら保管します。

⑥透明になったら出来上がり(透明にならないと濃度に誤差が生じるので注意)

⑦これが原液になります。

画像のミョウバン水原液の色は白ですが、やがて無色透明になります。

漏斗などを使って、ペットボトルに焼きミョウバンを入れる方法もありますが、計量カップを使った方法が私は一番簡単でした。

これは、あくまでも原液ですから注意してくださいね。

しつこいようですが、もう一度書きます。

これは原液ですからね!

冷蔵庫保存で約1ヶ月もちますが、使う量が少ないときには無駄になりますので、そこらあたりは分量を減らして作っていただければと思います。

また、小さなお子様などがいらっしゃるときには誤飲に十分注意してくださいね。

【使うときは薄めます】
原液だと濃度が濃いので、足に使う時は20倍程度に薄めます。
(例)
原液5ml+水95ml

原液10ml+水190ml

原液15ml+水285ml

原液20ml+水380ml

というふうに、薄めて使用します。

このような容器に移してから使うと持ち運びに便利ですよね。

100円ショップに普通に売ってありますよ。



【使用方法】
お風呂上りなど、足を洗って綺麗にした後に上記の方法で希釈したミョウバン水をスプレーします。

そのまま乾くまで待つかタオルなどで軽く拭き取ります。

朝、お出かけの際にも同じようにスプレーします。

【その他の使用方法】
靴下の臭いが気になるときには、靴下を洗濯機で洗って干したときに、靴下の気になる部分にスプレーします。

乾いたときに臭いがなくなっていることでしょう。

余談ですが、多分1.5リットルのミョウバン水の原液は足にスプレーするだけだと、使いきれません。

破棄するのはもったいないので、ミョウバン水の使い方が色々の掲載してあるこちらのページを参考にしていただければと思います。


小分けすると簡単に使えます



小さめの容器に入れて携帯すれば、靴を脱いだ時に靴下の上などからササッとスプレーできます。

トイレに行った時や人が近くにいないときなどに、ササッと使えます。

これで足が臭いことを気にすることや悩むことはなくなります。

もう急に靴を脱がなくてはいけないような場面になったとしても、怖くありません。


しかし中にはこんな人が一定数います



作るのが、面倒くさい。

使ってみたけど効かなかった。


数回試して効果がないときには、不向きだったということになるので、他の方法を検討したほうがいいのかなと思います。


ちなみに、私はミョウバン水は効果がなく、他の方法で劇的な変化を感じることができました。

まとめてみましたので、もしよろしければ、参考にしていただければと思います。

⇒足が臭いときの対処法で効果があったのは
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。