足からアンモニアのようなツーンとした臭いがするときには

足の臭いって気になりますよね。

普段は靴を履いていて分からない事が多いですが、座敷に上がる時とか何かしらで靴を脱がないといけないとなったら本当に慌てますよね。

女性ならなおさら足が臭いなんて周りに思われたら恥ずかしいですし、辛いですよね。

しっかり洗ったり、フットクリームなどを使ってもなかなか治まらないのは何が原因なのでしょうか?

あまりにもひどい場合には病院に行った方が良いのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

爪のお手入れが原因

まず足が臭くなる原因について考えてみましょう。

足が臭くなる原因には色々ありますが、1つは爪のお手入れを怠っているという事が考えられます。

爪はいつも清潔にしていますか?

特に親指は爪の大きいので垢や汚れがたまりやすいです。

足も汗をかきますので、汗をかいた時にこの垢や汚れから細菌が繁殖して臭いの原因を作り出すとされています。

細菌が繁殖するとチーズのようなアンモニアのようなツンとした何ともいえない酸性の臭いが発生します。

これが靴の中の湿気でさらに変化し、て靴を脱いだ後にも足ににおいが残るようになってしまいます。

疲労臭が原因

足が臭くなる原因としてもう1つ、疲労臭というものが挙げられます。

疲労臭は別名アンモニア臭とも呼ばれていて、いわゆる加齢臭もこの1つです。

人間は身体が疲れてくると体内で処理されるはずのアンモニアがうまく処理されなくなり、汗と一緒に体外に排出されるようになります。

本当なら体内で処理されて尿と一緒に出てくるはずの毒素が汗に混ざって排出されてしまう事で、身体から独特の臭いが放たれるようになってきます。

当然、足からもアンモニアのようなツーンとした臭いがするようになるとされています。

適切なケアとは?

足が臭くなってきた時のケアとしては、まず爪や足の裏を清潔に保つ事です。

例えば通気性のよい靴を選ぶとか、爪をブラシでケアするとか、足の指の間をきちんと洗う、汗をかいたら靴下を履き替えるなどこまめなケアをしてみてはいかがでしょうか。

疲労臭については、食べ過ぎや飲み過ぎになるとひどくなるとされていますので適度な運動をして暴飲暴食にも気をつけましょう。

また食生活でも油ものを控えて野菜中心にするなどしてみると良いですね。

こうしたケアを行ってもなかなか足の臭いが改善されない場合には、足が臭いとき用のグッズを使用するしかないのではないでしょうか。

⇒特に効果を感じた消臭グッズはこちらです
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。