スニーカーが臭い! 毎日仕事で履いているから仕方ないの?

他の人から、足が臭いだの靴が臭いだのと言われてしまったら傷つきますよね。

ましてや彼女からとなると、ダメージは大きいですよね。

一緒に暮らしていると素足で一緒に過ごす時間も多くなるので、できるだけ足の臭いはケアしておきたいものですね。

仕事で毎日スニーカーを履いているけど、昼くらいにはすでに臭くなり、家に帰った時には100%の確率で臭くなってしまいますよね。

ではどうすればいいのでしょうか?

それは毎日同じスニーカーを履かないことですね。

足の臭いの原因にもなりますので、できるだけ避けるのがいいでしょう。

しかしそれだけでは、効果はイマイチなことも結構あります。

ですから、洗ってもすぐ臭くなるスニーカーの臭いを改善する、色々な方法を紹介しますね。

その前に、なぜスニーカーが臭くなるのかを説明しますね。

スニーカーが臭くなる原因

まずはスニーカーが臭くなる原因について知っておきましょう。

スニーカーが臭くなる一番の原因は「細菌」です。

細菌は数が増えると独特の臭いを放つようになります。

スニーカーの中というのは、湿度、温度、汚れなど雑菌が繁殖するには最適な環境となっているんですよね。

仕事中というのは足の裏に汗もかきますし、特に経ち仕事というのは足に負担がかかるので角質なども溜まりやすくなっていますね。

この汗や角質こそが雑菌の好物なのです。

こうした汚れがついたままでだと、臭くなってしまっても仕方ないですね。

この雑菌をしっかりと取り除いてあげない限りは、スニーカーはどんなに見た目をキレイに洗ったとしても、臭いを完全に取り除く事はできないと考えていただければと思います。

スニーカーの臭いを取りたい

こまめに洗っているのに2、3日したらすぐに臭くなる。

履いた時は臭くないのに、昼過ぎになったら臭くなってくる。

これは先に説明したように細菌の繁殖が原因ですので、スニーカーを洗うこともですが、細菌を繁殖させない状況にすることも考えるべきだと思います。

流れとして・・・。

まずは普通にスニーカーを洗って汚れを落とします。

この際、少し手間にはなりますが中敷き靴ひもも全て外して、個別で洗うようにするといいですね。

特に中敷きの裏には以外と汚れが溜まっていますので、きちんと汚れを落とす事が大切ですよ。

生乾きは雑菌繁殖の原因になりますので、中までしっかりと乾かす事も大切ですね。

基本的にはこの方法でスニーカーの臭いは取り除く事ができると思います。

後は、同じスニーカーを繰り返し履くのは避けて何足かをローテーションで履くようにする事も大切です。

が、毎日履いていると頻繁に洗うこともできないし、ローテーションするために靴を購入するのも難しいかもしれません。

何より洗うのって面倒です。

色落ちもしますし。

そんなときには、汗が出ないようにすることや、消臭や殺菌効果の強いグッズを使われるといいかもしれませんね。

洗わないで、臭いをシャットアウトすることが出来るんですよ。

⇒この方法で劇的にスニーカーの臭いは改善されます
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。