足が臭いのはサンダルが臭いから?それとも他に原因が?

足が臭いのは通気性が悪いからだということは分かっている。

でもサンダルを履いていても足が臭い…。

サンダルって通気性がすごくいいから足が臭くなるはずはないのに、もの凄く足が臭くなってしまうこともあります。

その原因ってなんでしょう?

それは、思っているほど通気性が良くないってことなんです。

サンダルで足が臭い

確かに足は解放されているので、足にかく汗の蒸発には適しているのですが、足の裏や指の間など、とても汗をかきやすいんです。

そして、サンダルには吸湿性がありませんので、足の裏にかいた汗はサンダルとの間に溜まってしまったり、その間が必要以上に蒸れてしまったり。

それに、サンダルはあまり洗ったりしないので、そこに垢や水分が付着したままになって菌の繁殖を促す。

それを毎日のように履けば、履いた瞬間に足ににおいがうつってしまうことになります。

一昔前に健康サンダルってのは流行りましたけど、あれも、凸凹した部分に垢や汗などの汚れがたまるので、臭くなります。

そしてその間は非常に掃除しづらいので、臭いまま(笑)

そんなときにはこれ

サンダルの便利なところは、水気があるもので吹いても問題が少ないってことです。

撥水効果が高いものが多いですからね。

ってことは、除菌シートなどで毎日拭いてあげればOK!

足には除菌シート

さらに可能なら、サンダル用のシールタイプのインソール。

これで完璧に改善できます!

とにかく面倒ですけど、サンダルは毎日拭くに限りますね。

汗がべたつくのが困ります

上記の方法でサンダルの臭いは回避できるのですが、足がべたつくのや足が臭くなるのは防ぎ用がありません。

足汗をかかないような対策が必要です。

ベタつきの原因は、水分と塩分と垢。

臭くなるのは、水分と垢と細菌です。

ですから汗が出なければ、自動的に、足がべたついて気持ち悪いのも、臭くなるのも防いでくれるってことなんです。

⇒足汗を止める方法
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。