安全靴がくさい‐革製なのでどうしたらいいか困っているあなたへ

安全靴を空調のきいていない屋外で使用していると、靴の中が汗でグッショリ・・・なんて経験も多いのではないでしょうか?

それもそのはずです。

人間の足は、なんと毎日コップ一杯分程度の汗をかいています。

汗っかきの人でなくても、こんなに汗をかいているんですよ。

さらに、運動中はその数倍もの汗をかくと言われていますので、肉体労働で体力仕事の方は汗に悩まされやすいのです。

そして、汗で湿った靴をそのまま放置していると、そこに雑菌が繁殖し、臭いニオイの原因となってしまうのです。

そんな気になるニオイの対処法は『靴をよく洗い、乾燥させること』です。

週末など、お休みの日を利用してお手入れするようされるといいのではないでしょうか。

しかし、仕事での使い易さや好みによって、革の安全靴を使用される方もいますよね。

むやみに洗ってしまうと革が痛んだり、変形して履き心地が悪くなったり、最悪の場合使い物にならないぐらい破損してしまいますので、残念ながら洗う事が出来ません。

そのため、安全靴は『一体どのようなお手入れをしたら良いのか?』と、ちょっぴり途方に暮れてしまいそうです。

ニオイを抑えるためには、使用後に風通しの良い場所で半日程度陰干しをしたり、消毒用のエタノール液で内側を拭く、10円玉を靴の中に入れるといった対処法があります。

しかし、毎日仕事で使う靴は、このようなケアだけではなかなか臭いを綺麗に消すことが難しいのが現状です。

朝はしない状況だったとしても、夕方には臭ってしまうでしょうね。

根本的な解決にはなりません。

ですから、臭いのもとにもなる汗をなるべくかかないようにするのが理想的です。

どうやって探すの?

こんな悩みを持った時には、ネットを利用するのが一番ですよね。

色々な口コミを見ることができます。

その結果素晴らしい商品に出会うことができました。

汗を全くかかなくなるので、安全靴のような通気性が非常に悪い靴でも臭わなくなる可能性が高いです。

ただ、今すでに臭くなっている安全靴は、消臭スプレーをするか、除菌シートなどで拭いて、干して乾かすかして、靴の中の細菌を少なくする必要があります。

そうしないと、いくら汗をかかない足になったとしても、靴の中のにおいが足に移ってしまうので、足は臭くなってしまいます。

⇒人気が高かった足が臭いとき用の対策グッズを試してみました
【スポンサード リンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。